さかみのかさね

涅槃経に云く、慈無くして詐り親しむは是れ彼が怨なり能く糾治せんは是れ護法の声聞真の我が弟子なり彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり、能く呵責する者は是れ我が弟子駈遣せざらん者は仏法中の怨なり、使命戦、共に戦う同胞よ、来る世も同じ道往き又逢はむ。敷島のやまとこころが紡ぎだす、真秀のことたま、義と和の言の葉。

カテゴリ: すめらぎ

平和を望むなら、闘いに備えよ 西村眞悟の時事通信 http://bit.ly/RaLaGE

平和を望むなら、闘いに備えよ。

此の言葉は、古代ローマ帝国の軍学者ウェゲディウスが発したものであると教えられた。

しかし、言つておく。

此の言葉は古代ローマの言葉であると同時に、現在の我々が、実践すべき言葉である。

何故なら、我が国が、現在、直ちに、此の言葉の実践に突入しなければ、我が国の存立は確保できないからである。

闘いに備えることは、平和の為の戦略である。

平和を確保できずして、国民の福祉はない。

よつて、闘いに備えることは、最大の福祉である。

国防が、最大の福祉である。

五月に入つても、我が国の政治は、国家の自衛とは何か、も解らず、未だに集団的自衛権の神学論争を続けている。

そして、隣国では、今、大勢の修学旅行生を乗せて沈没した大型フェリーの悲惨な事故への対処に関して、政治批判が渦巻き始めたと報道されている。


【プロパガンダ】いわゆる、従軍慰安婦問題の嘘 [桜H26/3/29] http://bit.ly/1u3Tc3f

平成4年の朝日新聞による捏造報道に始まつた、所謂、従軍慰安婦を巡る問題は、­官憲等による強制性を韓国に迎合する形で根拠なく認めたことが明らかになつている、河­野談話による呪縛や、官民挙げての韓国の狂奔などにより、今尚日本人の尊厳を貶め­続けている。

謂われなき罪過を次世代へ持ち越さないために、チャンネル桜独自取材によ­るVTRも交えてえて、其の虚構と虚妄を徹底的に検証する特別番組をお送りする!


↑このページのトップヘ