『ひとみ』既に蓄電池が枯渇しており、現在の回転速度が減速しないと通信復旧のための電源が確保できない。
簡単に回転速度が遅くなるとは考えにくい。まずは国内外の機関と協力し、地上からの光学観測でわかる明滅状態から推定できる時間変化を元に、回転速度の傾向を明らかにしていく。
今回発生した通信異常は姿勢異常とそれに伴う物体の分離が主要因と考えられることから、本体部の運動状態をできるだけ正確に把握して原因を究明する考えだ。
一時は通信ができたことから衛星の機能が残っている可能性もあり、通信復旧に向け長期的な運用が続けられる。
「ひとみ」をすばる等で観測、通信は依然復旧せず - アストロアーツ